福島県の温泉                          

福島県の温泉

福島県の温泉


  このページでは、ゴルフカブリオレに乗って行った福島県の温泉について書いてみます。
   
                                   
                                                        



 福島県の温泉


いわき湯本温泉

 さわこの湯 (福島県 いわき市)  


 

 この福島県の温泉は、福島県いわき市の湯本というところに
 有ります。

 僕は、東京に行く時には、ゴルフカブリオレでいわきの
 常磐交通の高速バスの無料大駐車場 停めて高速バスで
 東京に行きます。
 
 それが、一番安くて、時間を自由に使えるのです。
 高速バスは、1時間に1本以上出ていて、
 早朝から深夜まで運行されているので非常に便利です。


                
       


  今回は、東京のからの帰りにここ湯本温泉の「さわこの湯」に寄りました。
  前日の22:00東京発のバスに乗りいわきに着いたのは、
  午前1時ごろでしたので、インターネットカフェで泊まりました。  
   1500円で泊まれてソファーの個室も有るので眠れました。
        ↓
   自由空間いわき平店

  しかし、シャワーが無かったので、温泉で疲れを癒してから長距離を
  走ろうと思いまして、 いわき湯本温泉「さわこの湯」へ行ったのです。   

                 

                   

  ここは、たった220円で入れます。

                   

               

   この温泉は、源泉を水で冷やすことなく、パイプの中を循環させて
   冷やしていますので、かなり、体に効き目が有りまして、湯を上がった後は、
   ポカポカでチョット眠ると疲労は、かなり回復します。

   男湯と女湯は、1日ごとに入れ変わります。  

                
  
                
    
                   

                 

                           通路です。  

                       

  宣伝記事

                            

                                      2階から見たところです。


  2階には、別料金の休憩室や有料マッサージチェア
  などがあります。

   


                            


         

  2階です。

                    

                        
 
  ここで、温泉に入ってから牛乳を飲んで、マッサージチェアーでマッサージ をして

  疲れを癒しました。
 




元禄彩雅宿古滝屋

古滝屋 の予約できます。(JTB【るるぶトラベル】へ)


           外観
   
    

こちらの、温泉は、いわき湯本温泉では、最古の旅館で、江戸時代から続いています。
お風呂は、数種類ありまして、今回は、メインの大浴場と9Fにある檜つくりの湯船の
露天風呂に入りましたので、その紹介をしましょう。

                大浴場です。・・・・湯煙で良く見えませんが・・・^^;
       

                こちらから、お湯が、湯船に注がれます。
                 


                    湯本の街並です。
      

      9Fの檜つくりの露天です。・・・街が眺められて、そよ風が、気持ち良いですよ。^^
   

こちらの、古滝屋は、老舗だけあり、お客さんが、特に週末は、たくさん来まして
駐車場も満杯になる可能性もありますので、出来れば、平日に行ったほうが、
良いかもしれません。
泉質は、さすが、名湯の湯本温泉だけ有って、このサイトで紹介しています、他の
温泉を凌駕しています。(僕の好みですが・・・。)
入浴した後は、体が、ダルクなります。(心地よいだるさ)
海水浴やゴルフの後に入ると更に体にいいかも? 





古滝屋の予約できます。(JTB【るるぶトラベル】へ)





上の湯


このすごいところは、値段が、たった70円というところです。

泉質は、ちょっと濁ったお湯でして、初めは、安いので、掃除をせずに
濁ってているのかぁ〜?と思いましたが、どうやら、そのようなお湯でした。
入り心地はグッドですよ。
ただ、お湯は、熱かったです。


                



              




               


  でも、ここは、彼女とかを連れて行くようなところではなくて、一人でコッソリ
  行くところかも(笑)




 ・ いわき 高野(こうや)温泉 

いわき市の内郷というところから、車で10分くらい山の方へ走ると到着します。
中の湯のほうは、知人から存在を聞きまして、興味が、あり行ってみましたのですが、
新泉亭の方は、たまたま、下の写真の通り看板が、有ったので、どんなものかと寄って
みました。

 入の元湯 神泉亭 と いわき清泉の里 中の湯 この2つの温泉の泉質は、
共にヌルヌルした感触で好き嫌いが、分かれるのかなぁ〜と思いましたが、僕的には、
体に効きそうな感じがして好きです。
  
湯本温泉ほどは、ダルくは、成りませんが、さすが、温泉だけあって旅の疲れを取り除いてくれます。

   入の元湯 神泉亭


    山のほうに走ると看板が見えてきます。
                  
   

  ず〜っと上のほうまで走るとバス停の最終点が、有りましてそこの
  すぐ近くです。

                           玄関
                  

              別館                             駐車場
              


                         温泉の入り口
                            

                            湯船
                       

      赤で囲んだ所にボタンが有りまして、そこを押すと、湯船に泡が出てきて
      ジャグジー風呂に早代わりです。
             


  僕が行ったのは、早朝でしたが、もう一つ、別に露天風呂が、有りまして
  そちらとこの風呂を時間別に男女入れ替えしているということで、次回は、露天を
  試してみます。
  こちらの風呂は、綺麗で居心地が良かったですよ。


  

   いわき清泉の里 中の湯


  こちらは、毎月、ジャズの演奏をやっているという、珍しいホテルです。
  というのは、1Fのロビーの作りが、演奏に向いていて、いい音が出るみたいです。

           



        


      

   泉質は、神泉亭よりもヌルヌルしていて、好みが分かれるかも?
         
 
   これは、磐越道で、ホテルの駐車場から撮ったもので、風呂からも見下ろせます・・・
   高速なので、車からお風呂を覗けませんので、安心してください(笑)
           





  勿来温泉関の湯

  ここは、奥州三大関所の内の勿来の関のすぐ近くに有ります・・・歩くとチョイと遠いですが。
  こちらの温泉の魅力は、なんと言っても、太平洋が、内風呂からも露天からも一望できるという
  ことです。

  あと、温泉以外にも薬草湯や、ジェットバス、サウナも充実で、
  大レストランや焼肉コーナーなどもあり、毎日、落語などの演芸も東京から
  プロを呼んで行っているみたいです。
  それと、仮眠室も充実しているので1日中家族や仲間で過ごすのに最適でしょう!


                             
    
      
  

         

           

      
      

  温泉の質は、湯本よりは、落ちますが、露天風呂はは海水が混ざっていて、それが、
  体にいいらしいです。

  また、冒頭に書きましたが、眺めがいいのが最高です・・・沖をゆっくり走る、大型船を
  見ながら、のんびりするのもいい物ですよ^^
           

  同じ会社で経営している兄弟温泉です。
      ↓
  いわき蟹洗温泉





  いわき新舞子浜ハイツ


    


    


      



      


      


      


                     

当サイト カーシェアリング
入会数 ランキング!

2017年4月24日 AM02:38
             現在

保険費用込み・ガソリンの満タン返し不要。車種も新型プリウスなどのエコカーや、ウイングロードなど少し大きめなクルマ、また街乗りに最適なフィットなど20種類用意!


・料金はシンプル。15分200円から。月額基本料1,000円に無料利用分1,000円分がついてくる ・全国のTimesで利用できる ・エコカーから輸入車まで多彩な車種に乗れる


メニュー


TOPページ


オープンカーの楽しみ方


オープンカーについての不安への回答


オープンカーに乗るときのファッション


ゴルフカブリオレV型の幌の開閉の仕方


 ゴルフカブリオレの幌のメンテナンスのコツ


 ポルシェ博士が創案したVW社の歴史
  (戦前・戦中)



 VW社の歴史(戦後)


 VW社の歴史
 (ドイツ車〜世界進出本格化)



 VW社の歴史
(ゴルフの誕生〜世界を制する)


 VWとBMWが、ロールスロイスを買収


 歴代のゴルフカブリオレ


 気になるゴルフGTI


 ゴルフカブリオレのミニチュア


 VWの新型オープンカーVWイオス


EOS試乗記


 各国のオープンカー


 オープンカーの本


 BMWの2輪車


 アウトバーンについて



 ドイツ料理について


ドイツ料理の本


ドイツビールについて


ドイツビールの種類について


ドイツパンについて


ドイツのレストラン事情


オススメのドイツ料理
             レストラン



  ドイツ料理のレシピ
      
ジャーマンポテト


ザワークラウト


アイスバイン


ドイツ風揚げイワシのマリネ


シュトレン


バームクーヘン


(澄ましバター)

     
  ドイツ料理のレシピ



 気仙沼巡り


 三陸海岸小旅行



 ベトナム株口座開設


 ベトナム観光



 六本木ヒルズツアー


 巣鴨散策



 温泉について

 温泉とはなにか?

 温泉の効能

 一味違う入浴法


 青森県の温泉

 岩手県の温泉

 宮城県の温泉

 福島県の温泉

 東京の温泉

 九州の温泉





 リンク集


 オープンカーのリンク集


 ゴルフのリンク集


 VW車のリンク集


 ベンツのリンク集


 BMWのリンク集


 アウディのリンク集


 ドイツ車のリンク集


 北欧車のリンク集


 フランス車リンク集


 イタリア車のリンク集


 イタリア車のリンク集2


 アメ車のリンク集


 アメ車のリンク集2


 英国車のリンク集


 英国車のリンク集2


 日本車のリンク集


 日本車のリンク集2


 日本車のリンク集3


 日本車のリンク集4


 その他の車のリンク
   集



 その他の車のリンク
   集2



その他の車のリンク
   集3



車、バイク関連のお店の
   リンク集



 バイクのリンク集


 バイクのリンク集2


 温泉のリンク集1


 温泉のリンク集2


 旅行のリンク集


 旅行のリンク集2


 旅行のリンク集3


 旅行のリンク集4


 料理のリンク集


 ドイツ料理のリンク集


 投資に関するリンク集


 お役立ちリンク集


 お役立ちリンク集2



 リンクについて





 プロフィール
Copyright (C)  All Rights Reserved