フォルクスワーゲン 社についてサイトです。

テーマパーク「アウトシュタット」

テーマパーク「アウトシュタット」

皆さんは「アウトシュタット」をご存知ですか?
これは北ドイツ・ウォルフスブルグにある車のテーマパークで、フォルクスワーゲンファンのみならず欧州の車好きの人は誰もが知っている「自動車の町」という名の大きな施設です。

アウトシュタットはもともとフォルクスワーゲン車のデリバリーセンターとして生まれ、かつてはフォルクスワーゲン本社工場を見学した後、購入した車を受け取って帰るという施設でした。
しかし2000年、せっかく本社工場まで車を取りに来てくれた人がもっと楽しんで行けるようにといろいろなパビリオンのある大きな規模の施設として新たにオープンしたのです。

この施設のシンボルマークとなるのが、2つの巨大な円筒型タワーです。
タワーの中には納車を待つフォルクスワーゲンの新車が一時的に保管されていて、800台が収容できるようになっています。
工場からガラスのトンネルを通って新車がこのタワーに送られ、格納されていきます。
タワーの内部はコンピューター制御されていて、車の取り出しや格納が1台ずつ行なわれています。
夕刻から明け方にかけてこのタワーは様々な色にライトアップされ、その眺めは圧巻です。

ところで車のピックアップと言っても私たち日本人にはあまり馴染みがないですよね。
実はドイツでは新車を購入した後、地元のディーラーで受け取ると納車手続きに日本円で6万円近くかかるそうです。
そのため、自分で工場まで車を取りに行くシステムが存在するのです。
ちなみにアウトシュタット内の上質なホテルに大人2人で宿泊し、施設入場料とここでの納車費用をすべて合わせると6万円弱だそうです。
同じ費用がかかるのだとしたら、地元のディーラーで車を受け取るか、本社工場のあるアウトシュタットまでピックアップしに行くか、あなたはどちらを選びますか?







Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0