フォルクスワーゲン 社についてサイトです。

フォルクスワーゲン社の環境対策

フォルクスワーゲン社の環境対策

現在、日本でも環境対策商品にエコポイントが付いたりエコカー減税が行なわれたりと、環境問題とその対策がいろいろな形で具体化しています。
中でも自動車と環境問題は切っても切れない密接な関係を持っていると言われています。
多くの自動車メーカーは、環境性能を重視した車を開発しなければユーザーに受け入れられないという状況になっています。

そんな中、フォルクスワーゲン社でも環境問題に対応した車を積極的に開発しています。
バイオ燃料の研究やクリーンディーゼル搭載のブルーモーションのさらなるエコ化など、まだ実用化されていないものもありますが環境性能向上のための開発が進められているのです。

フォルクスワーゲン・ゴルフに関しても、TSIエンジンとDSGの搭載により環境性能を備えたコンパクトカーとして進化しています。
エンジンの開発においては同じ排気量でいかに出力を高めるかを目的とするのが一般的ですが、ゴルフでは燃費を向上させるために出力は変えず排気量を小さくするダウンサイズを実践しました。
TSIでは2.4L相当の出力があるにもかかわらず排気量は1.4L、燃費は1.6Lクラスと言われています。
またDSGの採用により駆動ロスを低減したことで、燃費の向上とCO2削減に大きく貢献をしました。
人がギアチェンジをする通常のマニュアル車の排出ガスと比べても、12%の減少に成功しています。
通常のオートマチック車との比較では20%も排ガス量を減らしているのです。







Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0