フォルクスワーゲン 社についてサイトです。

コンバーチブルのお手入れ

コンバーチブルのお手入れ

オープンカーで風を体に感じながら車を走らせる爽快感はたまりません。
街中の渋滞やトラックの通行が多いトンネル内などはオープンで走るのに向いているとは言えませんが、良い季節に木漏れ日の中を走るのは本当に気持ちよいでしょう。

フォルクスワーゲンでは現在、ニュービートル・カブリオレやEosなどのオープントップモデルが発売されています。
今のオープントップは自分の手間をかけずに自動で開閉でき、トップの手入れもしやすくなって、昔のオープンカーに比べると本当に便利になっています。

空冷フォルクスワーゲン・ビートルのコンバーチブルに乗っている人は、幌のメンテナンスにも気を配らなくてはいけません。
の材質も現在とは違いますし、開閉ももちろん手動ですので扱い方次第では早く幌を傷めてしまうのです。
そんな時代の素敵なコンバーチブルに、長くかっこよく乗り続けるには、正しい幌のメンテナンスが不可欠でしょう。
まず幌の材質にはクロスとビニールの2種類があります。
どちらにも共通して言えるのは、ブラッシングの際には柔らかいブラシを使い、硬いたわしなどは決して使わないこと。
そして自動洗車機や高圧洗車は室内に水が入る原因になるので避けてください。
また、松ヤニなどの樹液、鳥のフン、虫の死骸などが幌についてしまったら、すぐに取り除き水洗いしておきましょう。
車の塗装に悪影響を及ぼすものは、大体が幌にも良くありません。

幌付きの車は屋根付きの車庫に保管したいところですが、屋根無しの駐車場での保管を余儀なくされている人の方が多いと思います。
幌の状態を長持ちさせるには、雨対策、紫外線対策として何らかの形でカバーしておくとよいでしょう。

もちろん、屋根付きの車庫に保管しているからと言って安心してはいけません。
野良猫に大切な車のトップをガリガリやられてしまった人の話を聞いたことがありますから・・・








Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0