フォルクスワーゲン 社についてサイトです。

空冷ビートル選びのポイント 錆びのチェック

世界中で広く深く愛されている、フォルクスワーゲン・ビートル。
そのクラシカルな姿に惚れ込んで、今なお大切に乗り続けている人もいます。
また「運転免許を取得したら、絶対空冷フォルクスワーゲンに乗る!」と心に決めている人もいることでしょう。
そこで、これから空冷ビートルを購入しようという人のために、購入前にチェックしておくポイント、特に錆びのチェックについてお話したいと思います。

まずフロント・フェンダーの付け根を見てみましょう。
ここは走行時の泥はねなどで錆びやすい場所です。
同時にリア側もチェックしてください。
次にドア周辺ですが、ドアの下側を素手で撫でてみると感触で錆びの有無が大体わかります。
錆びの手ごたえがあったら、しゃがんで目で見て確認してください。
水抜きがしっかりできていない場合、内側から錆びてボロボロになっていることがあります。
ドア・ヒンジと取り付け部分の腐りが無いかも見ておきましょう。
バッテリーが置いてある部分の周辺パネルも要確認です。

またカーペットの下のフロアを確認することも忘れずに。
アクセルペダル付近は特にしっかりと、接合部分に錆びが出ていないか確認してください。
フロントフードの中は、きれいに越したことはありませんが、少しくらいの錆びであれば目をつぶっても構いません。

空冷ビートルに乗ろうという人には「車は走ればよい」と考えている人はまずいないと思いますが、エンジンの修理よりもボディの修復の方が高くつくようなので、事前のチェックは念入りにしておいた方がよいでしょう。






TOPPAGE  TOP 
RSS2.0