フォルクスワーゲン 社についてサイトです。

空冷ビートル選びのポイント 操作性のチェック

空冷ビートル選びのポイント 操作性のチェック

空冷ビートルを探すときのポイントは前にお話しましたが、ここでは実際に空冷フォルクスワーゲンを目の前にして選ぶときにチェックしておきたいポイントをお話します。
憧れの空冷フォルクスワーゲンを目の前にして夢見心地になる気持ちもあるでしょうが、出会えてよかったと思える車を間違いなく選んでくださいね。

空冷ビートルは旧い車ですので、購入を決める前には実際に運転席に座って各操作系のチェックをさせてもらいましょう。
●キー
通常、フォルクスワーゲンでは1本のキーでドアの開閉やエンジン始動などすべての操作が可能です。
しかし中にはすべてのキーが別々になっている車もあり、もし1台の車に3~4本のキーを持つことに不便を感じるようであれば、キーシリンダーを同じものに変更してくれるところもありますので一度相談してみましょう。
●ステアリング
遊びやガタが発生していないかチェックしましょう。
パワステなどというものはもちろんついていませんが、そんなに力が必要ではありません。
●ホイール
タイヤの上部をつかんで前後に強くゆすって、ガタがないかチェックします。
またステアリングを左右に一杯まできった状態でもタイヤをゆすってみましょう。
●その他
ホーンとハザードはエンジンをONにしなくても作動するのが正常です。
ウィンカーとワイパーはエンジンを切った状態では作動しません。
ただしワイパーをチェックする際は、窓が乾いた状態で作動させるとガラスが傷つくので避けましょう。
ドアウィンドウの開閉は必ず上下して確認しましょう。
ウィンドウのハンドルが重ければ、グリスで改善してもらってから購入しましょう。

そのほかにも動かせるところは全部試すくらいの気持ちでチェックすることが大切です。
購入してから「えー、こんなの気付かなかった」ということにならないように・・・







Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0