フォルクスワーゲン 社についてサイトです。

画像引用 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』↑

楽天の愛車一括査定!もれなく楽天スーパーポイントプレゼント!

フォルクスワーゲン社の概要

「フォルクスワーゲン@ゴルフカブリオレってどう!? 」

提供の

「フォルクスワーゲン(VW)@フォルクスワーゲン3つの謎←ウソ(笑)」


では フォルクスワーゲン社と車種について体系的に説明していきます。


まずは、フォルクスワーゲン社の概要ですが・・・概要については、
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の記事をどうぞ(汗)


(ここから)

フォルクスワーゲンは、8つの自動車ブランド、19ヶ国に44工場を所有する多国籍企業である。
世界でのグループの販売台数は、トヨタ自動車、ゼネラル・モーターズに次ぐ、第3位の規模を持つ。


2002年から、グループの乗用車ビジネスは、
フォルクスワーゲンブランドおよびアウディブランドの2系列となっている。


2008年時点では、本国ドイツの他、メキシコ・ブラジル・中国などに生産拠点を置き、
VWと同格位置づけの会社としてアウディが存在するほか、フォルクスワーゲン
傘下のグループ企業としてシュコダ(チェコ)・セアト(スペイン)・ベントレー(イギリス)、
及びアウディ傘下のランボルギーニなどのブランドを抱える多国籍企業となっている。


また、近年では、高級SUVであるトゥアレグや高級セダンフェートンなどを発売し、
社名そのものの大衆車メーカーから、高級車も手がけるブランドへと変貌を図っている。


2008年8月現在、フォルクスワーゲンは日本において最も新車販売台数の多い輸入車ブランドとなっている。


2005年9月、創業時から関係の深いポルシェは
フォルクスワーゲンAGの株式20%を取得し、筆頭株主となった。


2009年1月現在、ポルシェの持ち株比率は50.76%となっており、
同社による子会社化が完了している。

また、今後は、複数の金融機関から追加取得できる権利も含めると、7
5%まで買い増す方針が伝えられているが、 フォルクスワーゲン社はこれに抵抗している。


2009年に入るとポルシェは資金繰りに行き詰まってしまい、2011年半ばを目処に、
逆にフォルクスワーゲンがポルシェを買収する形で経営統合する方針であることが明らかとなった。


突然、広告です(笑)

リクルート 【カーセンサーnet】 中古車検索

中古車情報誌カーセンサーのwebサイト
『カーセンサーnet』 は、
リクルートが運営するクルマ総合情報サイトです。
中古車物件を車名・価格帯別に検索可能!
買取店情報も掲載中!!


ウイルスセキュリティ


● 日本での事業展開

1953年よりヤナセにより輸入が行われたが、当初から右ハンドル仕様を
導入するなど日本の法規にローカライズしたモデルを輸入したことにより、
輸入車のトップシェアを維持していった。1983年にフォルクスワーゲン社の
直接の子会社フォルクスワーゲン株式会社が設立され、1989年には
フォルクスワーゲン アウディ 日本株式会社となり系列の販売店をオープンし、
より直接的な販売にも乗り出す。しかも1991年にトヨタがVW車の販売を始めると
表明するとヤナセとの関係が悪化し、ヤナセは『値引き合戦が激しくなり、
ブランドイメージが保てなくなる』として1992年12月をもってVWの輸入、販売を取りやめた。


その後は地場資本の「ファーレン店」とトヨタ系の「DUO店」で販売を行い、
かつてVWのインポーターであったヤナセも2005年に
「ヤナセヴィークルワールド」を立ち上げ、VW車の販売を再開した。



● 中国での事業展開

中国では、業界1、2位を争う大手の上海汽車、第一汽車双方と生産・販売協定を行っている。

フォルクスワーゲンは中国において国外の自動車メーカーで
最初に合弁企業を設立した会社である。

また部品工場も保有する。

中国での商標は、「フォルクスワーゲン=人々の車」から「大衆」で、
現地表記では「大」となる。また、「(衆)」の字はVWのロゴマークとよく似ている。

2008年に開催された北京オリンピックの
(中国国内でのみ権利のある)ローカルスポンサー(公式パートナー)となっている。



● 北米での事業展開

1949年にアメリカ合衆国に輸出が開始されて以来、恐竜にも例えられた
国産車への対抗馬として、かつては代表的な大衆車であったが、1970年代後半に
開始されたラビット(Rabbit:初代ゴルフの現地名)現地生産での失策(運転感覚や
車種のキャラクターを一般的アメリカ車に近づけすぎた)と、同時期の日本車の
好評によるシェアの伸長以降、長期低落状態に陥り、アメリカにおける市場シェアが
2007年で2%以下まで下落している。

品質・信頼性に関する問題に加え、「割高で、つまらない自動車」と捉えられていることが原因とされる。


2006年には、販売不振だった高級乗用車・フェートンの販売を中止した一方、
イメージ挽回をかけて、先代GTI(北米では独立した車名となっている)の広告で
MTVの人気番組Pimp My Rideをパロディにしたキャンペーンを行ったり、最近では
基幹車種(ニュービートル、ラビット(五代目ゴルフの現地名)、ジェッタ)の特売キャンペーンを展開している。


2008年7月15日に、フォルクスワーゲンはテネシー州チャタヌーガ市で
自動車組立工場を建設すると発表した。特に北アメリカのために設計される車を、
現地で2011年前半に生産を始める予定である。




(ここまで)

引用 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「フォルクスワーゲン@ゴルフカブリオレってどう!? 」へ戻ってね♪



フォルクスワーゲン(VW) @ フォルクスワーゲン3つの謎←ウソ(笑)に関する情報

TSIとDSG
TSIとDSG
  ....More
エンジンオイルの役割
エンジンオイルの役割
  ....More
ガソリン漏れは大丈夫?
ガソリン漏れは大丈夫?
  ....More
クラシックゴルフに乗りたい!
クラシックゴルフに乗りたい!
  ....More
クラシックゴルフの難点
クラシックゴルフの難点
  ....More
コンバーチブルのお手入れ
コンバーチブルのお手入れ
  ....More
ゴルフ1のファミリー
ゴルフ1のファミリー
  ....More
ゴルフ1デビュー
ゴルフ1デビュー
  ....More
ゴルフ2のファミリー
ゴルフ2のファミリー
  ....More
ゴルフ2デビュー
ゴルフ2デビュー
  ....More
ゴルフ3のファミリー
ゴルフ3のファミリー
  ....More
ゴルフ3を手に入れよう
ゴルフ3を手に入れよう
  ....More
ゴルフ3デビュー
ゴルフ3デビュー
  ....More
ゴルフ4デビュー
ゴルフ4デビュー
  ....More
ゴルフ5デビュー
ゴルフ5デビュー
  ....More
ゴルフ6デビュー
ゴルフ6デビュー
  ....More
ゴルフにおけるウィンドウトラブル
ゴルフにおけるウィンドウトラブル
  ....More
ゴルフの誕生
ゴルフの誕生
  ....More
テーマパーク「アウトシュタット」
テーマパーク「アウトシュタット」
  ....More
フォルクスワーゲン ビートルの誕生
フォルクスワーゲン ビートルの誕生
  ....More
フォルクスワーゲンの記事全て
コンバーチブルのお手入れ
化学合成オイルが漏れの原因のことも・・・
運転中に白煙が・・・
エンジンオイルの役割
車輌火災を起こさないために
空冷ビートル選びのポイント 試乗してみよう
空冷ビートル選びのポイント 錆びのチェック
空冷ビートル選びのポイント 操作性のチェック
空冷ビートルに乗りたい!
ゴルフにおけるウィンドウトラブル
ゴルフ3を手に入れよう
クラシックゴルフの難点
クラシックゴルフに乗りたい!
フォルクスワーゲン社の環境対策
テーマパーク「アウトシュタット」
日本におけるラインナップ その2
日本におけるラインナップ その1
TSIとDSG
ゴルフ6デビュー
ゴルフ5デビュー
ゴルフ4デビュー
ゴルフ3のファミリー
ゴルフ3デビュー
ゴルフ2のファミリー
ゴルフ2デビュー
ゴルフ1のファミリー
ゴルフ1デビュー
ゴルフの誕生
フォルクスワーゲン ビートルの誕生
  ....More
フォルクスワーゲン社の環境対策
フォルクスワーゲン社の環境対策
  ....More
化学合成オイルが漏れの原因のことも・・・
化学合成オイルが漏れの原因のことも・・・
  ....More
日本におけるラインナップ その1
日本におけるラインナップ その1
  ....More
日本におけるラインナップ その2
日本におけるラインナップ その2
  ....More
空冷ビートルに乗りたい!
空冷ビートルに乗りたい!
  ....More
空冷ビートル選びのポイント 操作性のチェック
空冷ビートル選びのポイント 操作性のチェック
  ....More
空冷ビートル選びのポイント 試乗してみよう
空冷ビートル選びのポイント 試乗してみよう
  ....More
空冷ビートル選びのポイント 錆びのチェック
空冷ビートル選びのポイント 錆びのチェック
  ....More
車輌火災を起こさないために
車輌火災を起こさないために
  ....More
運転中に白煙が・・・
運転中に白煙が・・・
  ....More

フォルクスワーゲン(VW) @ フォルクスワーゲン3つの謎←ウソ(笑)に関するニュース


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0