ドイツビールについて                             

ドイツビール

ドイツビール



        このページでは、ドイツビールについて主にその歴史を辿りたいと思います。
 
           

                             
                                 

 
                 ドイツビールについて

               


ドイツビールは有名でドイツが、ドイツビールの国であることは、誰でもわかっていると思います。
北欧諸国、イギリスはブドウ酒を産出しませんが、ドイツは、ワインの国でもあります。

歴史的には、浅くて、250年以前にはさかのぼりません。

ドイツビールの醸造技術は、ごく最近までは、それほど優れたものでは、ありませんでした。

18,9世紀は、イギリスがビールの頂点で、1830年と1840年に多数のドイツ人のビール専門家が、
イギリスに行って技術を学んだそうです。

ちなみにイギリスが進んでいたのは、ポーター(ウィキペディアにリンク)という
長く貯蔵出来る技術を開発したからです。
そのため、ビールの醸造が、大資本で無ければ出来なくなり、大量生産でを行い、
販売する為に、科学的な醸造方法が開発されて、市場に広くイギリスのビールが普及していきました。

それに対して、昔のドイツは、小公国の寄り合い所帯で、
川や道路に税関を作って物資の流通を邪魔していたので、小醸造家が、
狭い地域に製品を供給していただけで、大醸造家が、出現する機会がありませんでした。

それと、西欧諸国が、植民地を持っていたのに対して、ドイツは、植民地を持っていなかっ為に、
コーヒーなどが、伝わらずに、一般的な飲み物は、ビールだけという状態が、長く続きました。

日本では、ビールの本家との認識が、一般的ですが、実は、違っていたのでした。

ただし、このことが、決して、ドイツのビールが他の国より劣っているということにはなっていません。
今日では、どこの国でも他国で改良した技術をどこの国でも取り入れているので、
よほどのことが無い限りどこの国のビール醸造技術が、
他の国より劣っているということは、ありません。

(引用)
「ビールの5千史」M.ホフマン博士
「コーヒーの伝説と凱旋パレード」ハイリンヒ・エドウァルト・ヤコブ



             




★ローマ人の影響


ドイツ人の祖先は、ゲルマン民族ですが、
北方の蛮族が、ビールらしいものを飲んでいました。
それに対して、ギリシア人やローマ人が、ブドウ酒やブドウの神
(バッカス)を祭り、それにちなんだ祭りをしたような風習は、有りませんでした。。

後世のドイツでは、ガンブリヌスという王様を「ビールの神様」と呼び、
今日でもその肖像を木に彫ったものをビールに掲げています、この神様が、
ビール史現れだしたのは、16世紀頃からで、その正体は、はっきりしていません。

ビールと言っても、西暦8世紀以前は、ホップを栽培していた記録は、
無いので、今日のホップで味を付けた、醸造技術の進んだビールから見ると、
とてもビール呼べないような飲み物だったらしいです。

また、ビール以前からハチミツ酒主な酒で、初期にはそれが、ビールと平行して飲まれていました。

ゲルマン民族がローマ人の新しい文化に接したのは、
西暦前1世紀にカエサル(シーザー)が北方に軍隊を進出させた時代からで、
ドナウとラインの二つの川が、その国境になっていましたが、

カエサル(シーザー)が、北方に軍隊を移動させてからというものは、
ワインが急速に広まり、先進的なローマの文化に接した、ゲルマン人の間では、
ビールは時代遅れの飲み物となりました。
それは、ローマ軍の駐屯地には、ローマから来た商人や、法律家などが、住んでいたからでした。

つづいて、西暦4世紀に有名な北方民族の大移動が、始まり、地中海達してそこの、
本場のブドウ酒が、ビールより口当たりがよく美味であること知りました。
また、今日のフランスには、ゲルマンの一族だったフランク族が移動しましたが、
この一族は、ブドウ酒に傾倒して、しだいにビールから遠ざかりました。

ドナウ川流域や、南ドイツの王侯の館では、もっぱらブドウ酒がのまれて、
ビールは北海沿岸の北部の飲み物となり、こんな状態が、5世紀も続きました。


(領主と修道院)

中世のドイツでは、その他の国々と同じで、土地は、領主のもので、
その下に農民が居て、領主は、日常に必要な物資は、特別なものを除いて農民に生産させていました。

ビールを作るには、特別の技術がいるので、たいてい領主の館でつくられ、
領主の「禁制権」によって農民には、勝手にビールを作ることが、許されませんでした。

ただし、領主は、農民を賦役に使った場合などには、生産物やビールを与え、
領主によっては、館の中でビーを飲み放題に飲ませた者もいました。

修道院も、領主と同じようにビールの醸造権を持っていました。
ドイツ国内に4〜5百の修道院の醸造所があったと見られます


本来、修道院では、ブドウ酒が、「キリストの血」として儀式に欠く事が出来ない必需品でしたので、
修道院周辺には、ブドウ畑が出来てましたが、栽培の難しい土地では、
ビールを日常の飲み物にしていて、旅人や、貧民に施されていました。

中世の学問は、全て修道士によって受け継いでいたので、
ビール醸造の技術も彼らによって高められました。

  
 
         

             




(ハンザ同盟)

領主の勢力が、衰え、都市が、勃興して、領主と修道院に独占された多くの特権が、
市民に移されるようになりましたが、ビールの醸造もその一つでした。

12世紀には、北ドイツのリューベック、ハンブルクその他の都市では、
市民による醸造が始まりました。

ただし、市民は、自家用のビールを作る時に、当局に税金を支払わなければならなりませんでした。

北ドイツの多くの商業都市は、13世紀頃から貿易の特権を維持するために、
政治、経済的な同盟を作るようになりました、いわゆる「ハンザ同盟」と呼ばれるものでして、
加盟年都市は、90を越えました。
「ハンザ」とは、「旅承認、ないし承認の仲間の権利、特権」という意味でした。

大商港のハンブルクの富は、ビールで蓄積されたといわれてます。
そして、この港から出てゆく貨物船には、ビールが積みこまれ、外国へ輸出されてました。



(ビールで肥大漢)


中世の終わり頃には、北ヨーロッパの人体彫刻に新しいタイプが、現れだしました。
彫像は、その時代の人間の型をあらわしていますので、中世の北ヨーロッパでは、
太った人は、まれでした。

太った人は、漫画の人物には」なり得ましたが、まともな人とは、見られませんでした。

ところが、ルネサンスの時代が、はじまると、北ヨーロッパ...特に北ドイツで腹が出っ張った人が、
多くなりだしました。

とくに、王侯、学者、将軍などの指導者層に見られたので、肥ることは、威厳が、
あるというシンボルになりました。

このように、北ヨーロッパ人が、肥りだしたのは、ビールをがぶ飲みすることによる
新しい栄養素のためだと、考えれれていまして、逆に、南ヨーロッパ人は、ブドウ酒を飲んでいましたので
、肥っている人は、少なかったのです。



(大酒飲みのドイツ人)




               




ドイツでは、30年戦役(1618-48年)の間、戦争の苦難を紛らわせようと、
王侯から貴族、庶民まで大酒飲みになっていて、ブランデー、ビール、
ブドウ酒を過度に飲用していました。
イギリスやフランスでは、アルコールの害を減らすためにコーヒーを代替品として、
普及に努めましたが、ドイツでは、コーヒーを供給してくれる植民地が、
無かったこととなどが、関連して普及は、進まなかったのです。


また、30年戦役のために、国民は、疲れ果てて、国土も荒廃したので、
手間のかかるブドウの栽培やブド酒の醸造を辞めてしまい手軽に作れるビールに転向しました。

現在の、ビール産地として有名な南部のミュンヘンでは、ブドウ栽培が、盛んでしたが、
このような事情で、北部のブラウンシュウァイクからビール醸造師が、招かれて、指導に当たりました。



(ビールにちなんだ姓)

ドイツでは、ビールにちなんだ、苗字が、多いことでも有名です。
「ビールの袋」「ビール商」「ビールの水溜り」「ビールの首」「ビール運搬馬車」「ビールの友達」と
いったのが、その例でして、15世紀から始まったと見られています。


そのドイツでも、18世紀には、プロシア公国を中心に、コーヒーが、
普及して行きしだいに大酒飲みが、減少して行きました。
その理由としましては、産業革命で、産業が、組織化されるとベルリン諸都市に多数労働者が、
集まり、彼らが、仕事中にビールよりもコーヒを飲むようになったことや、30年戦役で、
ビール産業とホップの栽培が、荒廃したとの説が、有ります。

また、国民全体の義務教育の結果、過度の飲酒がされなくなったととも言われています。



                

当サイト カーシェアリング
入会数 ランキング!

2017年12月12日 AM07:36
             現在

保険費用込み・ガソリンの満タン返し不要。車種も新型プリウスなどのエコカーや、ウイングロードなど少し大きめなクルマ、また街乗りに最適なフィットなど20種類用意!


・料金はシンプル。15分200円から。月額基本料1,000円に無料利用分1,000円分がついてくる ・全国のTimesで利用できる ・エコカーから輸入車まで多彩な車種に乗れる



メニュー


TOPページ


オープンカーの楽しみ方


オープンカーについての不安への回答


オープンカーに乗るときのファッション


ゴルフカブリオレV型の幌の開閉の仕方


 ゴルフカブリオレの幌のメンテナンスのコツ


 ポルシェ博士が創案したVW社の歴史
  (戦前・戦中)



 VW社の歴史(戦後)


 VW社の歴史
 (ドイツ車〜世界進出本格化)



 VW社の歴史
(ゴルフの誕生〜世界を制する)


 VWとBMWが、ロールスロイスを買収


 歴代のゴルフカブリオレ


 気になるゴルフGTI


 ゴルフカブリオレのミニチュア


 VWの新型オープンカーVWイオス


EOS試乗記


 各国のオープンカー


 オープンカーの本


 BMWの2輪車


 アウトバーンについて



  ポルシェの経営手法から何を学べるか



東京モーターサイクルショー



ETCカードだけで高速に乗れるの??




エアカー 空気自動車とは?


携帯簡易トイレ


省エネグツズ


オープンカー専用グッズ


バジェットレンタカー〜
 九州 沖縄限定のレンタカー会社
 (外車もあり)  



高級外車 レンタカー についての情報です。


新車値引きの仕方


環境に優しい
  カーシェアリングとは?



カーシェアリングビジネスについて


アメリカのカーシェアリング



中古車オークション代行
手数料31,500円でフルサポート!!



VIP Car Auction
港区六本木中古車オークション代行


   
開業費用3万円!
最先端中古車ビジネス!
中古車ビジネス最強伝説2008 Ver.1





 ドイツ料理について


ドイツ料理の本


ドイツビールについて


ドイツビールの種類について


ドイツパンについて


ドイツのレストラン事情


オススメのドイツ料理
             レストラン



  ドイツ料理のレシピ
      
ジャーマンポテト


ザワークラウト


アイスバイン


ドイツ風揚げイワシのマリネ


シュトレン


バームクーヘン


(澄ましバター)

     
  ドイツ料理のレシピ



B級スポット


青森県の観光地

岩手県の観光地

秋田県の観光地

宮城県の観光地

福島県の観光地

鳥取県の観光地

九州の観光地



  東京プレイスポット
        ↓
 六本木ヒルズツアー


 巣鴨散策



 気仙沼巡り


気仙沼大島案内





 三陸海岸小旅行



    温泉情報
       ↓
 温泉について

 温泉とはなにか?

 温泉の効能

 一味違う入浴法

 病気に効く温泉リンク集

 青森県の温泉

 岩手県の温泉

 宮城県の温泉

 福島県の温泉

 東京の温泉

 九州の温泉



   宇宙について
      

種子島宇宙センター

筑波宇宙センター

スペース・アップルよいち


月の土地








 リンク集


 オープンカーのリンク集


 ゴルフのリンク集


 VW車のリンク集


 ベンツのリンク集


 BMWのリンク集


 アウディのリンク集


 ドイツ車のリンク集


 北欧車のリンク集


 フランス車リンク集


 イタリア車のリンク集


 アメ車のリンク集


 アメ車のリンク集2


 英国車のリンク集


 英国車のリンク集2


 日本車のリンク集


 日本車のリンク集2


 日本車のリンク集3


 日本車のリンク集4


 その他の車のリンク
   集



 その他の車のリンク
   集2



その他の車のリンク
   集3



車、バイク関連のお店の
   リンク集



 バイクのリンク集


 バイクのリンク集2


 温泉のリンク集1


 温泉のリンク集2


 旅行のリンク集


 旅行のリンク集2


 旅行のリンク集3


 旅行のリンク集4


 旅行のリンク集5


 料理のリンク集


 投資に関するリンク集


 宇宙に関するリンク集


 お役立ちリンク集


 お役立ちリンク集2



 リンクについて




 プロフィール




Copyright (C)  All Rights Reserved